個人情報保護ポリシー

個人情報保護の遵守について


                                                                           2016年11月1日 
                                                        サイダ技研株式会社 代表取締役社長 斉田昌男

<法令等の遵守>
1.特定の個人を識別できる情報(以下“個人情報”)を取り扱うときは、個人情報の保護に関する法律をはじめ個人情報保護に関する諸法令・規定、
 及び主務大臣のガイドラインに定められた義務等を遵守いたします。


<利用目的等の明示・公表>
2.あらかじめ利用目的、共同利用者の範囲、お問い合わせ及び苦情の受付窓口等の必要な情報を明示し、同意を得たうえで個人情報をお預かり致
 します。なお、お問い合わせ等に関する内容を記録させていただく場合がありますが、取得致しました情報はご本人のご要望に適切に対応するためにの
 み取り扱います。


<利用目的の範囲内での利用>
3. あらかじめご本人の同意を得た場合、及び法令により例外として認められた場合を除き、明示・公表した利用目的の範囲内でのみ個人情報を取り
扱います。


<開示等の求め>
4.ご本人が自らの個人情報の開示、通知、訂正、追加、使用停止、または削除などを希望される場合には、ご本人であることを確認させていただいた
うえで、法令の規定に基づき、すみやかに対応いたします。


<問い合わせ及び苦情への対応>
5.取り扱う個人情報につき、ご本人からのお問い合わせ及び苦情につきましては、受付窓口にて迅速かつ適切に対応します。

<安全管理措置>
6.お預かりした個人情報を正確・最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、改ざん、漏えいなどから守るべく、必要かつ適切な安全管理措置を講じ
 ます。


<委託先の監督>
7.お預かりした個人情報の処理を利用目的の範囲内で第三者に委託する場合があります。これらの第三者は、十分な個人情報保護の安全水準を持
 つことを確認の上選定し、契約等を通じて、必要かつ適切な監督を行います。


<第三者提供の制限>
8.法令により例外として認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、お預かり時に明示した共同利用者以外の第三者に個人情報を提供しま
 せん。また、オプトアウト制度(個人情報の保護に関する法律第23条第2項)を利用して、ご本人が認知されない状態での第三者への個人情報提供も
 いたしません。


<個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善>
9.お預かりした個人情報を適切に取り扱うために、社会情勢変化への対応、内部規程の整備、従業員教育及び適正な内部監査の実施等を通じて、
 本規定の見直しを含めた個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善に努めます。